2019年01月21日
https://www.falcom.co.jp/karaoke-joysound

カラオケJOYSOUNDにてファルコムのボーカル曲が歌えるようになって既に何年も経つと思うんですが、ようやく行ってきました。

そして映像のひどさを知りました。

※ここで語っているのは、JOYSOUNDに登録されている「空の軌跡以前の曲」についての話です。
空の軌跡以降の曲については検証してないです。



どんなふうにひどいか

そのゲームのデモムービーやオープニングムービーをそのまま使っていたり、再編集されている
  ↓
そのムービーの尺が終わった後、そのゲームのパッケージ絵やゲーム画面のスライドショーが流される
  ↓
それが尽きると、同シリーズの違う番号のゲームのイラストスライドショーが流される
  ↓
それが尽きると、違うゲームのイラストスライドショーが始まる


あんまりです。興ざめです。
「なんでその絵が出てくるんだ!」と気になって気になって!
笑ってはいけないファルコムカラオケですよこれは。

具体例

イース2の曲を入れたのに、
イース3以降の絵がスライドショー
される。
まあこれはまだいいほうです。

ロードモナークの曲を入れたのに、
ロードモナークに関係ある絵は一枚も出て来ない。


白き魔女の曲を入れたのに、
ZWEI2のムービーを見させられる。


朱紅い雫の曲を入れたのに、
零の軌跡のムービーを見させられる。


杉本理恵のファルコムアレンジじゃない曲を入れたのに、
イースと零の軌跡のムービーを見させられる。


何なんだこれは…。

具体例: 「Lilia English ver」

イース1Completeのオープニングムービーの短時間再編集版
  ↓
イース2Complete(YsIIE)のオープニングムービーの短時間再編集版
  ↓
イースの絵スライドショー 123456Origin
  ↓
イースオリジンのオープニングムービーの短時間再編集版
  ↓
ソーサリアンのイラストスライドショー
20191111_001554
20191111_001636
  ↓
英雄伝説1~3のイラストスライドショー
20191111_001657


推測

未検証なんですけど、これたぶんマテリアルコレクションそのままぶっこんでるんじゃないかな…という気がします。

いちユーザーとして怒りがあります

「往年のあこがれのあの曲がカラオケに追加!」ときいたファルオタが、楽しみにカラオケ行って選曲するんですよ。
こういう曲を歌いに来るユーザーが、「あっこれはあのムービー!」「これはあのパッケージの絵!」だと、分からないとでも思っているんですか。
こういうゲームタイトルをごちゃまぜにつぎはぎしたスライドショーで満足すると思っているんですか。
楽しく歌おうと思ってやってきてこれは興ざめです。

こんなごちゃまぜファルゲータイトルMADを見せられるとわかってしまったら、「また歌いたいな」とか思いませんよ…。
「もうこんな体験は勘弁」ですよ。

「おっ、イースの曲入れたけど次に出てくる絵は何?
 お~そっか~ソーサリアンかぁ~ええぇ~新英伝?!なんで?!」
と言ってゲラゲラ笑える仲間内のカラオケ
であるならばまたファルコムタイトル選んでみようと思うかもしれませんが、それは完全に笑うための遊び方です。
ファルオタの集うカラオケルームにそういう笑いを提供するために、このような画像の採択になっているのですか?

スライドショーにするなら、関係ある絵にしてほしいです。
イースならイース。
ソーサリアンならソーサリアン。
せめてタイトル内でまとめてください。
シリーズもまとめてほしいです。
イース2の曲歌っていてイース5の絵が流れてきたりすると「?」です。

あのですね、「汎用カラオケ用映像ごちゃまぜMAD&スライドショー」なんて、そんなものバックに歌ってもまったく楽しくないんですよ。

これは昔からなんですね

twitterで検索して知りました。
2010年からずっとこんななんですね。
あんまりです。杜撰すぎだろ。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

へなちょこマッピング
ゲーム攻略ブログです。
好きなゲームの攻略をしています。

カテゴリー
ブログ内検索
最新コメント
twitter
好きなゲームの攻略をしています。 https://t.co/xRjqMfeKQz

楽天Link