Pocket Trains

NimbleBitのスマホゲー「Pocket Trains」「Pocket Planes」どっちのほうが難しい?→Trainsです

Pocket Trains
https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-trains-free-railroad/id635931971?mt=8


Pocket Planes
https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-planes-free-airline/id491994942?mt=8


電車ゲームのTrains、飛行機ゲームのPlanes。
同じNimbleBitから出されているスマホゲーのこの二つですが、
似ているシリーズですが難易度はかなりはっきり段違いです。

どちらのほうが難しい?と問われたら

断然Trainsのほうが難しいです。
Trainsは、複数の電車が同じ道(線路)を使うことはできません。
反してPlanesは、複数の飛行機が同じ道(空路)が重なるよう指定しても問題ありません。
例えば飛行機Aが東京-福岡を、飛行機Bが東京-福岡を、同時に出発させたりしても全然問題ありません。
Trainsではこういった出発のさせ方はできないので(そもそも区間の重複ができない)
やりくりが必要になります。

どちらから始めるといいの?と問われたら

どちらからがいい、と明確な答えを言うのは難しいです。
自分はTrainsから初めて、Trainsの面倒くささに折れて、TrainsをやめてPlanesにはまったくちです。
でもPlanesから初めて、Planesの簡単さに飽きが来て、Trainsに移る方もいると思いますし。

NimbleBitのドット絵などが好きで、どちらもやってみたいな、と思う方は、
両方やってみるといいと思います。
どちらも出発後~到着までの待ち時間がありますので、交互にやってみてはいかがでしょうか。

【Pocket Trains】 新しい電車を開通させる

今電車を走らせている線路だけじゃなく、
違う駅を買って、新たな線路を、新たな電車で走らせるための手順です。

新しい電車を作る

どの画面でもいいので

[MENU] のボタンを押す

[MENU]の画面で

[CRAFT] のボタンを押す

[CRAFT] の画面で

右の箱の [UNCRATE] ボタンを押す
trains-fuel1
これが「CRATEを開封する」行為。
CRATEを開封すると、
画面左下の箱が1減り、その右隣のBUX(緑色のお札)が10減る。
代わりに、ランダムで電車のパーツが1得られる。

この画面の下にあるタブ
trains-fuel2
この真ん中の [PARTS] ボタンを押すと、
CRATEを開封して出てきたパーツの数が見れる。

trains-fuel3
CRATEを開封して得られるのは1つのパーツだけなので
その車両を作るのに必要な数ぶんのパーツが集まらないと
新しい車両を作ることができない。
必要な数ぶんのパーツが出るまで、CRATEを開封しまくる必要がある。

必要な数が貯まっていたら、その車種の左に[CRAFT]ボタンが出現しているので、それを押す。
trains-fuel4
[CRAFT]ボタンを押すと、
「FUEL CAR」か「ENGINE」か尋ねられる。

/*-- ここまでは燃料車両の増やし方と同じ手順です-- */

ここでは新規車両(エンジン車両)が必要なので[ENGINE]ボタンを押す。

新しい車両を置く

どの画面でもいいので

[MENU] のボタンを押す

[MENU]の画面で

[NEW RR] のボタンを押す

[SELECT AN ENGINE FROM YOU YARD]の画面で

上の手順で作成した新しい車両のエンジンを好きなものを指定する
ここでお金がかかる(START A NEW RAILROAD)
  ↓
地図の画面に移るので、その電車を置きたい駅をタップする

新しい路線を開通させる

その電車を置いた駅の画面

[JOBS] ボタンを押す

[JOBS]の画面

(現時点では、この電車はどの駅にも行けない状態)
「今いる駅周辺の駅」かつ「まだ線路が開通してない駅」を選んでタップする
ここでお金がかかる(BUILD A TRACK)

【Pocket Trains】 燃料車両の増やし方

1つの電車に対して1つ燃料車両を追加で接続することができるみたいです。

燃料車両は要は「MAX HPのアップ」という意味にとらえればいいみたいです。

燃料車両を接続できるのは、「その車種に合致した燃料車両を1つだけ」みたいです。
車種が違っていれば接続できないし、1つ接続していたらそれ以上は増やせません。

燃料車両を1つ追加しても、
運搬できる電車の量が減ることはないみたいなので、
CRATEとBUXが増えてきたら以下の手順でCRATEを開封して
燃料車両を追加してない電車にはまず燃料車両を追加してみればいいみたいです。

燃料車両を作る

どの画面でもいいので

[MENU] のボタンを押す

[MENU]の画面で

[CRAFT] のボタンを押す

[CRAFT] の画面で

右の箱の [UNCRATE] ボタンを押す
trains-fuel1
これが「CRATEを開封する」行為。
CRATEを開封すると、
画面左下の箱が1減り、その右隣のBUX(緑色のお札)が10減る。
代わりに、ランダムで電車のパーツが1得られる。

この画面の下にあるタブ
trains-fuel2
この真ん中の [PARTS] ボタンを押すと、
CRATEを開封して出てきたパーツの数が見れる。

trains-fuel3
CRATEを開封して得られるのは1つのパーツだけなので
その車両を作るのに必要な数ぶんのパーツが集まらないと
新しい車両を作ることができない。
必要な数ぶんのパーツが出るまで、CRATEを開封しまくる必要がある。

必要な数が貯まっていたら、その車種の左に[CRAFT]ボタンが出現しているので、それを押す。
trains-fuel4
[CRAFT]ボタンを押すと、
「FUEL CAR」か「ENGINE」か尋ねられる。
ここでは燃料車両が必要なので[FUEL CAR]ボタンを押す。

燃料車両を既存の電車に接続する

上の手順で、自分の燃料を増やしたい電車の車種の「FUEL CAR」を
1つ作成できている状態にしておく。

電車が駅に停まっている状態の画面で

[TRAIN] ボタンを押す。
trains-name1

[TRAIN] の画面で

[ADD FUEL CAR (0/1)] のボタンを押す。
trains-fuel5


【Pocket Trains】 【基本的な遊び方】 自分の電車の行ける範囲であれば、複数の目的地の荷物を同時に載せても「それぞれの駅で手動で降ろす」必要はありません

trains-tachiyori

たとえばこのような状況。
・この路線(オレンジ色)はPARIS、AMSTERDAM、BERLINに行ける
・今PARIS
・AMSTERDAM行きの荷物とBERLIN行きの荷物を載せる
・行き先にAMSTERDAMをタップし、BERLINもタップする

このような状態で出発すると、
BERLINに着いた時に両方の荷物が消え両方の報酬が入っているので
たとえば上の状態では「AMSTERDAM行きの荷物を降ろすために
AMSTERDAMのみにまず行って手動でAMSTERDAM行きの荷物を降ろす」みたいなことは
一切必要ないみたいです。

目的地がその路線にある荷物の場合、
複数の行き先の荷物を一度のDEPARTUREで片付けることが可能なようです。


【Pocket Trains】 【基本的な遊び方】 荷物を途中の駅で一旦手動で途中下車させ、別の電車で目的地へ運ぶ方法

駅の画面で[JOBS]を押すと
「いま自分の電車に載せられる荷物リスト」が見れます。
このリストは、
その電車(仮にAとする)の行ける宛先の荷物は文字色が水色ですが、
その電車の行けない行き先宛ての荷物は文字色が白で表示されています。

その電車の行けない行き先宛ての荷物は、 他の電車(仮にBとする)を経由することで運ぶことができます。

これをしたい時は、
まずAの電車に荷物を載せてBが行けるどこかの駅を目的地にして出発し、
Aがその駅に着いた時に手動で荷物を降ろす必要があります。 (目的地が一致していない場合、荷物をは自動で荷降ろしされない)

荷物を途中の駅で一旦降ろす方法

JOBSの画面で背景が緑になっている荷物をタップすることで
その駅に荷物を一時的に降ろすことができます。

trains-yard1
     ↓
trains-yard2

荷物の背景色が緑ではなく黒になり(=自分の電車に載せてない状態になった)、
赤い[YARD]というマークが出ます。
これは「YARD」という一時退避場所に置かれたことを意味します。

YARDは他の荷物(自然発生する荷物運搬オーダー)と違って
自分でYARDに運び入れる荷物の上限積載量が決まっています。
何でもかんでも次々とYARDに入れていい、というわけではありません。

でも、YARDの積載量はBUXで増やせますし、
YARDに入れたのが不要な荷物だったら×で捨てることができます
(ただし捨てた荷物は運搬できなくなります)


【Pocket Trains】 【基本的な遊び方】 「荷物を載せ→目的地を選び→DEPART(出発)する」

荷物を載せ→目的地を選び→DEPART(出発)する。
(ここまでの手順は手動)
  ↓
出発後、表示されている時間が経過したら目的地に到着。
荷物は自動で荷降ろしされ(消える)、報酬も自動で入手できる。
(この手順は自動)

これを、自分が持っている電車の数だけ設定して
駅に着いた電車を次々走らせていくゲームです。

電車にはスタミナ(燃料)があり、電車を走らせることで消費します。
電車を走らせずにいればゆっくり燃料が回復します。


【Pocket Trains】 自分の電車が走行可能な線路の色を変更する方法

trains-color1
JOBやMAPの画面では
自分の電車がそれぞれ走行できる線路が色わけして表示されていますが、
この色を変えたい場合の手順です。

線路の色を自分の好きな色に変える手順

trains-name1
電車の名前を変更する手順と同じく、
自分の電車がどこかの駅に着いている状態の画面で
[TRAIN]ボタンを押します。

     ↓

trains-color3
この電車に関する情報の画面に遷移したら、
一番下の色に関する三角をタップして、
用意されている色から選ぶことができます。

・全12色
・用意されている色以外の色を作ることはできません
・自分の持っている他の電車と同じ色を選ぶことも可能
 (プレイしにくいと思いますが)


【Pocket Trains】 自分の電車の名前を変更する方法

電車の名前は車種の名前で付けられていますが
Bluebell Steamerばかりで区別がつかなくなってしまい
プレイしにくい場合、
以下の方法で電車の名前を変えることができます。

電車の名前を変える画面に行く手順

trains-name1
電車がどこかの駅に着いている状態で、
駅の画面で [ TRAIN ] ボタンを押します。

   ↓

trains-name2
この電車に関する情報が見れる画面に遷移しました。
この画面の一番上にある入力ボックスをタップすると
自分の好きな名前に変更できます。

   ↓

trains-name3
名前は大文字のみです。
小文字で入力しても勝手に大文字に変換されますので
いちいち大文字ボタンを押す必要はありません。
入力が終わったら、キーボードのreturnで入力終了です。

※この画面の「CHANGE LINE COLOR」の所で
この電車を走らせている路線の色を変更することもできます。
全12色。
変更できるのは、自分の「電車の色」ではなく「路線の色」の変更です。


タグ絞り込み検索
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
AA


サイトの更新通知用です