Pocket Planes

【Pocket Planes】 自分のプレイの仕方

Pocket Planesのプレイで気付いたことです。主に序盤むけ。
あくまで自分の感想なので、このプレイスタイルが絶対というものではありません。悪しからず。
参考になれば参考にしてください。

日本から始めたなら早く東京を開港せよ

AppBankさんの記事で「日本からスタートしてはダメだ」
Pocket Plane 攻略Wikiでは「西海岸がおすすめ」とありますが、
日本からのスタートがダメということはないように思いました。

ただし、まず東京の開港が急務です。
日本から始めた場合、大阪、札幌、仙台の3つからスタートすることになりますが、
仕事の少なさゆえ進行が難しいです。
東京を開港すると、仕事の多さがわかると思います。
仕事がなければこのゲームは進められないので、
仕事が集まる東京をまず開港しましょう。

とにかくBUXを集めよ

飛行機を増やすにはBUXが必要。
これは序盤のみならず全編通して言えることですが、
BUXをくれる仕事を優先的にこなしましょう。
「BUXをくれる仕事」以外にBUXを得られる手段はほぼありませんので
(飛行中飛んでくることがあるけどまれ。しかも自分で見ていてキャッチしなければいけない)
どんな高額な仕事より、「BUXをくれる仕事」は価値が高いです。

輸送量1はお話にならない。2輸送できる飛行機を一刻も早く作って!

BEARCLAW、GRIFFONなど、
輸送量1の飛行機は、どこに行くにも1しか乗せられません…。

NAVIGATOR、WALLABYなど、
輸送量2の飛行機(を作れば今まで一箇所にしか行く意味のない飛行機が
2箇所行く意味ができます。
世界が広がりますのでぜひとも急いで作りましょう!

Mは結構めんどい

「WALLABY-M」など、「M」は荷物と人間の混載ができる印です。
ですが、これの運用は私には失敗しやすかったです。
荷物・人間を載せる画面で、
荷物1・人間1載せられる飛行機なのにそれを忘れて片方しか載せず出発させてしまったり。
載せる画面で「満載した」という状態表示を見落としやすかったです。
自分はMの運用は一切やめて、買う飛行機はPかCだけにしました。

仕事がなかったら東京に戻れ

「福岡や大阪に着いたけど、仕事がない…」場合は、
そこでじっと待って仕事が来るのを待っているよりも
ととっと東京に戻ってしまったほうが仕事があります。
移動費のみがかかってしまうのでお金はもったいないですが、
仕事がない状態で待ってても経験値も稼げませんので
早く東京に戻って他の仕事をしたほうがいいです。

空港は赤い空港を中心に増やす

地図上で赤い空港=10M規模都市=一千万人規模の都市
です。
Pocket Planes的には「Class3」都市です。

このClass3都市がいちばん仕事が多い空港です。
日本には東京以外にClass3都市はありませんので、
日本にある東京以外の空港を開設すると仕事の少なさに悩まされ
ジリ貧になりました。

自分は思い切って日本以外の赤い都市の空港を開設して
日本内の東京以外の空港を閉鎖するという方法を取りました。
BitBookには嘆きのツイートをされましたが、そこは非情に徹して、
日本外の赤い空港との仕事の行き来を増やして増収を狙い、
更に赤い空港を開く…というプレイスタイルを取りました。

空港のアップグレードをしても仕事は増えない…

PocketPlanes攻略WikiさんのFAQにもあるように、
空港のアップグレードをしても仕事は増えません。
アップグレードをして増えるのは、
LAYOVER(乗り継ぎのためにストックしておける荷物・乗客のキャパ)です。
自分が他空港から運んできた荷物・乗客を置いておく場所は増えますが、
何もせずに定期的に湧いてきてくれる荷物・乗客の数が増えるわけではありませんので
「赤い空港以外の空港をアップグレードすれば仕事が増える」というような好転は起きません。

輸送4のKANGAROOをめっちゃ作って運用

輸送4のKANGAROOは心強い見方です。
4も乗せられるので、効率がグッとアップします。
Lv7になったら作れますのでぜひPartsを買い集めて作りましょう!

自分はKANGAROOを作って、
KANGAROOで稼いだお金でPLANE SLOTを増やして、
を繰り返して14SLOTまで増やして
全部KANGAROOにしました。

全部KANGAROOにする利点は、
輸送量4機と輸送量2機が混在する状態だと
積載する画面でうっかり間違えることが多く、混乱しました。
輸送量4機と輸送量5機が混在してもやっぱり混乱したので、
輸送量4の機種が主力だと感じたなら、
全部のスロットをその輸送量の飛行機で統一するほうがやりやすいと思ったためです。
KANGAROOは使い勝手がよく、燃費もよく稼ぎもよく、
14SLOT全部をKANGAROOにしても惜しむところはなかったです。
とてもおすすめ。

赤い空港をどこまで増やすか問題

最初は東京、上海、GUANZHO、MANILA
ほどの狭い世界で運用。

その後、画面横方向に
東京、上海、DHAKA、DELHI、TEHRAN、ISTANBUL、PARIS
まで勢力を伸ばしましたが、
KANGAROOでは一空港以上の距離を飛ぶことができないので
東京-PARIS間の飛行を選択するのに 画面をスライド→タップ→画面をスライド→タップ…を
何度もしなければいけないのことに疲れました。

画面下方向へ、BANGALORE、BANGKOK、JAKARTAなども開設しましたが
やっぱりスライドとタップ数の多さには悩まされます。
大変になってきたなと感じ始めたところで、
KANGAROOのアップグレードをして頑張ってみたり、
KANGAROOから次なる飛行機へ転換をしたりしました。
次なる飛行機は輸送量6のAEROEAGLEです。

輸送量が多いとプレイしやすいかは難しい

輸送量6のAEROEAGLEにしたはいいものの、
「輸送できる6すべてが同じ目的地」である仕事画面になることはあまり多くないので
ボーナスが狙えず、お金の稼ぎが渋くなります。

ですが、飛行距離が多いので東京-PARIS間のスライド&タップを減らせるのと、
輸送量が多いので結果的にBUX仕事を詰みやすくなります。

「お金がじゅうぶんありすぎて余ってきたな」
「お金にあくせくしなくてもよくなってきたな」
と感じたところで、全スロットをAEROEAGLEでプレイすることに決めました。

頭打ちになってきた

「次どこの空港を開設すればもっと楽しくなるか?」
「次どの飛行機を作ったらもっと楽しくなるか?」
がわからなくなってきたあたりがこのゲームの終点のような気がしました。

明確なクリアや、次のレベルに上がらなければならない切実な理由がないので
「別に飛行機飛ばさなくてもいいな…」と思うようになった頃合が終了のような気がしました。

クエスト「FLIGHT CREW」は、
Game Center を利用していないとプレイできないというハードルがあり、
Game Center が好きでない自分にとっては難しいものがありました。
(それでもやってみましたが、結果的にやはりGame Center のゲーム中のちょっかいが邪魔で
 Game Center をやめてしまいました)
FLIGHT CREWは指定された空港を開設していないと参加もできないですし、
イベントの一回の期間が長いので、
「自分は開設してない空港だ。自分には参加できないイベントなんだ」と思うととても余所者感があり
プレイの刺激にはなりませんでした。

「次はこの飛行機作ってみたいなー。客を乗せるところ見てみたいな!」
と思う気持ちが湧いてきたころにまたふらっと飛行機を飛ばすというプレイに移っています。

NimbleBitのスマホゲー「Pocket Trains」「Pocket Planes」どっちのほうが難しい?→Trainsです

Pocket Trains
https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-trains-free-railroad/id635931971?mt=8


Pocket Planes
https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-planes-free-airline/id491994942?mt=8


電車ゲームのTrains、飛行機ゲームのPlanes。
同じNimbleBitから出されているスマホゲーのこの二つですが、
似ているシリーズですが難易度はかなりはっきり段違いです。

どちらのほうが難しい?と問われたら

断然Trainsのほうが難しいです。
Trainsは、複数の電車が同じ道(線路)を使うことはできません。
反してPlanesは、複数の飛行機が同じ道(空路)が重なるよう指定しても問題ありません。
例えば飛行機Aが東京-福岡を、飛行機Bが東京-福岡を、同時に出発させたりしても全然問題ありません。
Trainsではこういった出発のさせ方はできないので(そもそも区間の重複ができない)
やりくりが必要になります。

どちらから始めるといいの?と問われたら

どちらからがいい、と明確な答えを言うのは難しいです。
自分はTrainsから初めて、Trainsの面倒くささに折れて、TrainsをやめてPlanesにはまったくちです。
でもPlanesから初めて、Planesの簡単さに飽きが来て、Trainsに移る方もいると思いますし。

NimbleBitのドット絵などが好きで、どちらもやってみたいな、と思う方は、
両方やってみるといいと思います。
どちらも出発後~到着までの待ち時間がありますので、交互にやってみてはいかがでしょうか。
タグ絞り込み検索
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
AA


サイトの更新通知用です